2006年9月 4日 (月)

週末あれこれ

甲府戦の次の日は、清水に行っていました。

船越の方と会い集まったところでは、メキシコから帰国していた方や、元清水FC監督ご夫妻の姿も。
奥さんは、懐かしそうに、当時の清水FCにいたころの直哉には、「ほんと元気をもらっていたのよ」と話してくれました。
きっと、直哉たちも奥さんから元気を貰っていたんでしょう。


先週末の土曜は、磐田の練習を見に行ってきました。

トップのメンバーは、見学席から遠い方で、フィジカルのトレーニング中心でやっていました。
2人一組でいくつかのパターンのサーキット形式をこなしていく。
直哉は、太田選手と組んでいました。終盤は結構きつそうでした。

翌日サテライトの試合のメンバーは、手前でアジウソン監督自らフォーメーションをみていました。
怪我人も多く、GKを除いても9人しかおらず、足りないポジションには石井さんが入っていました。
ここでアピールしなければならないはずが、どこか物足りない雰囲気でした。
翌日、サテを見に行った人によると、どうやらそのままの状態だったようで、一番良かったのがユースの子というのは・・・。

私は、翌日日曜はサテではなく、関東大学サッカーの後期リーグが始まり、西が丘で行われた「早稲田大対筑波大」の試合を観戦に行きました。

早稲田といえば、大榎監督の元、3年生の兵藤選手を中心にまとまっているチーム。

筑波大は、今までに無い厳しい状況で前期を終えたので、後期は巻き返しをという気持ちでいるチーム。

不安定な守備のミスから2失点した時はどうかと思ったけど、そこで下を向かずに気持ちを見せてくれた筑波の選手たち。
3年生の麻生選手の、意表をつくミドルシュートで1点を返すと、流れも徐々に変わって来てのまた麻生選手がゴール。
早稲田の反撃を、GKの碓井選手がスーパーセーブでしのいで、0-2を2-2までにして終了。
この日は、実は井原さんたちOBが今の筑波を心配して、激励にきてくれていました。

Jの無い週なせいかいつもよりスタンドの人も多かったこの試合、この筑波の反撃にはスタンドも盛り上がっていました。
0-2の時はどうかと思ったけど、そこで諦めずに戦った選手たちには、次にも繋げてもらいたいと思いました。

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

悔しいけど、次に繋がる

水曜は、茨城の天皇杯の準決勝が行われていました。

日曜の練習試合では、疲労もピークなこと、怪我人もいたころから、東京ユース相手に苦戦をしていた筑波大。

相手チームは、流経大のトップ外の選手で構成されたメンバー。
とはいえ、ユース上りの選手であったり、昨年まではトップだったりといい選手がそろっていたとの事。

とはいえ、今年は厳しい状況の続く筑波が、120分戦いきってPK戦までいったとのこと。

韓国遠征の時の接触で別メだった、高山選手が復帰して頑張っていたというのも嬉しい。
キャプテンの岡田選手は、スタミナのある証明をここでも見せ、両チーム足をつる選手が出る中、120分走りきったそうです。

昨年も、120分プレーした後に、「まだプレー出来ます!」といっていたスタミナは本物でした。

こちらも、みな気持ちを感じるプレーを続けていたと聞き、この悔しさを後期リーグに繋げてくれればと思います。

直哉の同期世代が、今4年生となりチームの中心になっている今年の大学サッカー。

9月2日からの後期リーグのスタートが楽しみになりました。

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

W杯も開幕して

磐田はオフだけど、W杯が開幕してサッカーな週末は変わらず。

土曜に行った筑波大の試合。
メンバーをみた瞬間から合った不安そのままの試合内容。
個々の能力は、間違いなく筑波の方が上、それでもうまくいかなかったりするのがチームプレーの怖さだなと感じるものでした。
試合後に泣き崩れる4年生の姿、目に焼き付いて離れない主将の岡田隆の挨拶後の後ろ姿。
この悔しさをバネにして、後期リーグまでの期間にチーム状態が良くなって行くことを願っています。

この日、菊地選手は清水の杉山選手とともに、ドイツに旅立ったとのこと。
チケット問題は、この2人の間にもあったようですが、いろいろな物を吸収してきて欲しいです。

上記試合が終わってから、春にお手伝いした「さくらカップ」の慰安会に参加するために清水に行きました。
流石清水というか、話題はW杯であり試合を見る為と10時前に退散する方も。
やっぱりベッカムのあのFKは絶品。

続きを読む "W杯も開幕して"

| | コメント (1)

2006年5月14日 (日)

休日の有効活用・・・?

今週は、ジュビロの試合が無いために、筑波大学の試合を観戦に江戸川陸に。
天気は生憎の雨。

本日のカードは、筑波対法政。
ここ数試合苦しい試合の続いている筑波ですが、前期リーグ終盤にさしかかっての上位チームとの対戦になってさらに厳しいものになっている。
前半、何とか0-0で終了。
後半頭から、久しぶりに高山純一が登場。2失点は合ったものの、これは連携的なものとセットプレーからの失点で、純一自身の動きはまずまずだったと思う。
とはいえ、どこか歯車の噛み合わない・・・。
そんな中、最後まで声を出してプレーをするキャプテンの岡田隆。
友達も前回の試合を観て書いていたけど、私も静かに見守っていきたいと思う。
キャプテンはじめ4年生たちが、苦しく厳しいこの状況を乗り越えられた時には、また一回り成長できるから。
前回よりも今回、今回よりも次回と、ちょっとでも前へ進んでいけるように。。。

そして対戦相手の法政、直哉の清商でのチームメイトの井上平が怪我からの復帰で、後半途中出場でした。
とりあえず復帰ということでホッとしました。

| | コメント (0)

2006年5月 3日 (水)

連休の過ごし方その1

連休初日の3日、ジュビロがお休みなので、3試合ぶりに筑波大のサッカー観戦。
場所が、鴨川・・・ということで小旅行気分。
アクアラインの「海ほたる」渋滞と、内房でのちょっとした渋滞の他はスムーズで、予定どおりに到着。
途中、房総スカイラインで「鹿飛び出し注意」「狸飛び出し注意」とともに「イノシシによる落石注意!」「山火事注意」と様々な標識にドキドキしつつ運転(笑)

筑波大学といえば、新聞の記事にもなっていた、平山相太くんの自主退学。
直哉とも仲が良かったのですが、筑波在学中によく見ましたが、気持ちの面でも強さのある選手ですし、あの体格のわりに足元もしっかりと技術のありましたから、オランダに腰を据えて頑張ってほしいところです。

大榎監督率いる早稲田大と明治大が1試合目にあったのですが、こちらは怪我をかかえていて本来の動きではな兵藤選手ではありましただ、要所要所でのプレーは流石でした。
明治大の、FW山本剛くんはおしいシュートもありました。(高校当時静岡選抜にも入っていた)藤枝東出身FWということも合って、応援コールは中山選手の「ゴンゴール」。

2試合目の筑波大は順天堂大学とでした。
前半は、押されつつもスコアレスで折り返し。
後半にはいって、順大のカウンターサッカーにはまってしまい4失点。

岡田キャプテンも、反省しきりでしたが、最後には「残り勝ちます」と自分に言い聞かせるように追い込む言葉もでました。
最後まで、周りに声を掛けていたので、段々責任感が出来て成長したなあと思いました。
後半出てくる時に、キャプテンマークを忘れてとりに言ったけど(苦笑)。
これからは上位チームとの対戦なので、厳しい試合が続く中しっかりとチームをまとめていって欲しいです。

| | コメント (0)

2006年4月19日 (水)

本日のエルゴラは・・・

「序盤戦の¨新人王¨を探し出せ!」

最右翼には、清水の藤本淳吾選手。
だれもが納得するだけの、プレーをしているので文句なしでしょう。

昨年、新潟で対名古屋戦のベンチにて、直哉がお兄さんっぷりを発揮して話していた田中亜土夢選手も候補に。

そしてもちろん、ユース世代、アテネでも一緒だった徳永悠平選手。
こちらは今更新人?といった感もありますが。

桑原隆元監督のコラムの中、私も感じた事がここにありました。

【「伸びる新人」の特徴は?】
「目標を持っていること」
伸びる選手は「秘めた闘志」=「具体的な目標」を持っている。
「チームに打ち解けられる性格」
先輩の話をきいて、仲間に入っていける堂々とした性格。
伸びる選手は言われなくてもしっかり自己管理ができる。それも事実である。
最後に「チャンスを生かせること」

前田遼一選手は、かなりの勉強家で、自分のプレーを復習するため必ずビデオを借りにきていたそうです。
見えないところでの努力

思わず、ウチの子たちはどうかな?と考えると、当てはまりそうな子もいれば・・・(--;)

新人繋がりで、来年の新人候補もピックアップ。
磐田のスカウトからも「今年は大学の方にいい人材がいる」と先日聞きました。
大学といえば、今年は直哉たちの同級生たちが当てはまるわけです。
紙面では、清商での同級生が2名あげられています。
駒澤大学の筑城和人選手と、法政大学の井上平選手。
筑城選手は、右SBであり秋田監督@駒大も「本当にゴール前で体をはれるのは彼だけ」とコメント。マークにつかれた選手は可哀想と思えるほど執拗なマークにあう。高校時代には、直哉と組んでいたボランチ。
井上平選手はFWとして、昨年の関東大学リーグの得点王。
足元もしっかりしていて、フィジカルは決して強いとはいえませんが、体の使い方は書いてもあるように巧いと思います。

二人だけでなく、筑波でもウチの84組とプレーした子たちがいますので、これからの動向に注目したいと思います。

| | コメント (0)

2006年2月19日 (日)

新たなチームで・・・

今日は、地元の友人とともに、栃木SCと筑波大の練習試合を観にいきました。
現地で、サッカーが好きなことから、地元栃木SCのボランティアでサッカーに携わっている友人とも合流。
14時と聞いていたのですが、早まったらしく到着したときには2本目が始まったところでした。
新チームは、みたところFWの3年の富岡選手以外は1、2年ばかり。
昨シーズンの主力が数人いても、やはり連携などは合わずに失点。

相手チームの栃木SCの方は、元磐田の北出選手が今季はいって、やはりJを経験していることから監督の信頼もえているようすで一安心。
磐田に入団早々の怪我で厳しいスタートになって、それでもひたすら地道にやってきた選手なので、本人も「このチームはみんな真面目で・・・」というものの、合っているかなと思いました。
北出選手も、大卒なので何か違うとわかったのか、「今日の筑波、主力ですか?」と聞かれました。
やっぱり、筑波大はこんなもんではないはずと思ったようで。。。

でこの話をする前に筑波の富岡選手にきいたところ、教職関係の集中講義があり3年生は、富岡選手以外講義に参加ということで、TMは不参加だったとのこと。
卒生の話をした後に、直哉の清水JYチームメイトの高山選手の話から直哉の話になり、「戻りましたね」と言われ、なんか一桁番号になって期待されてると言う話に。
富岡選手は、直哉達とともにU-16とかで、代表に入っていた選手。
やはり、同い年の選手の動向や活躍は、気になるようです。
FWとして必要な「がむしゃらさ」をもち、ムードメイカーにもなれる選手なので、この1年とにかく怪我なく、がむしゃっらにゴールゲットしてほしい。

この学年は、直哉と同じチームでプレーした選手が多いので、やっぱり1人でも多く同じ舞台にのぼって欲しいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

結果待ちのインカレ

年始の予定では、本日はインカレの準決勝を見るために、西が丘に居る予定。
のはずが6日の準々決勝で、筑波が惜しくも敗退してしまったために、自宅で結果待ち。
つい先ほど第1試合の結果速報が来たのですが、3-2で順天堂大学が決勝に駒を進めた模様。
ココで敗退となった静岡産業大学。こちらも2日遅れで犬塚くんが、プロへの切り替えを行う日となりました。
順天堂大学も、苦しいチーム事情を乗り越えて、ここまできたチームなので、頑張ってもらいたいと思います。
名波選手と川口選手の母校でもありますし。
そして、順天堂大学といえば、先日の箱根駅伝では、8区でのドラマのあった大学。
今朝、電話での出演があった難波君、回復しているようでよかったです。
この悔しさをバネに、彼も実業団で頑張るとのことでした。

インカレに戻って第2試合は、連覇を狙う駒澤大学と、総理大臣杯での覇者、関西大学との一戦。
こちらの結果は、1-0で駒澤大学の勝利でした。
やっぱり、きっちりと勝ちどころを心得てるかなといった感じでもあります。
駒大には、清商の同級生の、筑城くんと一学年上の桑原くんがおります。
決勝は15日、この試合の模様は関東圏だけかもしれませんが、いつもGET SPORTS内で放送されます。

そして、インカレ終了となると筑波大の新チームへの切り替え。
新主将が誰になるのか気になるところです。
最終学年となる4年生は、直哉と同じカテゴリーで、一緒にプレーしたことのある選手が大勢います。
富岡英聖くん、石井雄真くん、高山純一くん、岡田隆くん、山田慎太郎くん。
去年は、怪我で不本意な一年を送った選手もいます。
最終学年の新シーズン、悔いないようにしっかりといいプレーをしてもらいたいと思います。
そして、また同じJの舞台へと進んでいってもらいたい。

そして直哉は、新潟に挨拶や整理のために行っているようですね。
自主トレから参加するかは分かりませんが、磐田の選手たちより一足早くオフしているのでその分参加して今シーズンの選手に入っていってもらいたいとも思います。
新潟から戻る時には、交通等の乱れとかがないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

今年のラストゲームその2

といっても、こちらは次の決勝トーナメントが、来年の6日となるために、次に繋げた筑波大学の試合でした。
中1日で3試合、しかも4年生は卒論の提出が大会直前で、体調万全とは言えない中の試合でしたが、怪我人もでずの3連勝で決勝トーナメントへと駒を進めて一安心。
ただ、6日は見に行けないので、きっちり勝って準決勝に進んでもらわないと。
頼もしいことを言ってくれる4年生がいるので、有言実行でお願いしたいとこです。

続きを読む "今年のラストゲームその2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

U-18だったから・・・

新潟に来期加入内定の中野洋司選手

直哉とは直接プレーしてはないけど、永田選手@柏や、川島選手@名古屋とは一緒にプレーしていたようです。
新潟での大会の、U-18代表(2001年)での試合に選出された事があります。
CB、左SB、ボランチとこなせるのですが、ディフェンシブハーフがあってるようです。
性格よく、直向な努力家で、4年生時はCBで後ろから、前の若い子たちを鼓舞し、熱いところもあります。
ということで、このブログを見ている、新潟サポさんがおりましたら、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧